こんにちは、電話代行オフィスジャパンの広報担当MDです。
先週、東京では桜の開花宣言がありました。今週末にちょうど満開を迎えて、土日には様々な場所で沢山の花見客で賑わいそうですね。しかし、季節の変わり目でまだ気温の変化が激しく体調を崩しやすい時期ですので、花見をされる方は防寒対策をするなど体調管理にお気を付けください。

さて、毎年4月1日には多くの企業で新入社員が入社されます。
人材採用における昨今の状況は、全国都市部の有効求人倍率の高い数値が示すとおり超売り手市場と言われ、中小企業では新たな人材確保が非常に難しい状況となっており、この状況は2020年の東京オリンピックまで続くと予想され、これからも多くの企業で人材確保に更なる費用や手間がかかることになりそうです。
また、費用と手間をかけて、ようやく採用した人材が簡単に辞めてしまうといったことも超売り手市場では起こりやすくなっているようです。
しかし、企業は業務を円滑に進める必要があり、業務を中断することは絶対に許されません。

そんな人手不足問題に有効なのが、「電話代行サービス」です。
電話代行サービスをご利用いただくことで、外出や商談の時、事務所にかかってきた電話は当社へ転送され、オペレータが御社の事務員として確実に電話応対をしますので、大切な電話を取り逃がすことはありません。
さらに、当社へ常時転送をすることで電話が鳴らず事務所が静かになり、業務に集中できる効果や取り次ぎなどで業務が中断されない効果もあります。

電話代行サービスは、御社において人材確保に必要な手間や経費、人が辞めてしまうといったリスクがなく、リーズナブルに安心してご利用いただくことができます。
現在、人手不足でお困りの企業の皆さま、人手不足を改善するだけでなく様々なメリットがある電話代行サービスのご利用を是非ご検討頂ければと思います。

ご紹介サービス「電話代行・電話秘書サービス